2012年7月3日火曜日

ゆとり世代の小沢チルドレンを切り捨てる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

読売新聞で、小沢一郎氏の離党に追随すると思われていたのに、最後に追随を拒否した議員に関して報道があった。

普段は原発問題で全く意見に同意できない、某きっこ女史のコメントに賛成せざるをえないかったので、紹介したい。

まず、ニュースの主要部分を引用。

離党に慎重だった辻恵衆院議員は2日午後、自らの離党届が提出されたことを記者団から聞かされ、絶句した。

同じく離党届が提出された階しな猛衆院議員も国会内で記者会見し、「離党届は確かに小沢先生に預けたが、提出までは委託していない。これは無効だ」と述べ、同調を拒んだ。

辻、階両氏は「民主党を党内で変えられる可能性がある」としてそれぞれ国会内の事務所に小沢氏を訪ね、離党意思がないことを伝えた。

きっこ女史のコメント。

そうですよね。二人とも次の選挙で落選すれば良いと思います。

0 コメント:

コメントを投稿