2012年7月10日火曜日

熱さで飛行機がアスファルトに沈むとき

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

7月8日、ワシントンD.C.近くのロナルド・レーガン・ワシントン・ナショナル空港で、USエアウェイズのCRJ-200型機(機体番号N420AW)が、アスファルトのわだちに沈む事故が発生した(MNN)。

乗客35名と荷物を降ろして何とか引っ張り出したようだが、フライトはキャンセルされ、乗客は振り替えで目的地に向ったようだ。北米の東海岸は熱波が襲っており、同空港も気温37℃まで上昇していたそうだが、同空港ではとても珍しい現象だそうだ。

さすが米国、設備が悪いなと思った人には、2010年7月19日に成田空港でデルタ航空のB767型機がわだちにはまって動けなくなった事を指摘したい。

2 コメント:

same さんのコメント...

コンクリートとアスファルトは別のものですが...

uncorrelated さんのコメント...

>>sameさん
御指摘ありがとうございます。タイトルを直しました。

コメントを投稿