2012年12月6日木曜日

iOS 6の地図問題を受けた後の北米スマートフォン市場

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

iOS 6の地図アプリの激しい劣化で、iPhoneのシェアがどうなるか注目されていた北米スマートフォン市場だが、iPhone 5の発売にも関わらず、その勢いはやはり低下したようだ。利用者シェアで見ると、iOSのシェア拡大ペースが順調だった*1のに、Androidに伸びを逆転されている(comScore)。クリスマス商戦でも影響が続くようだと、シェアがさらに離れるかも知れない。

米スマートフォンOS別加入者シェア
OS 2012年6月 2012年10月 増減
Google Android 52.2% 53.6% 1.4
Apple iOS 33.4% 34.3% 0.9
RIM BlackBerry 9.5% 7.8% -1.7
Microsoft WM/WP7 3.6% 3.2% -0.4
Symbian 0.8% 0.6% -0.2

なお世界シェアで見ると廉価なAndroid端末が支配的な中国市場の影響が大きくなり、先進国の一般的な消費者の傾向が分からなくなるため、北米市場に注目している。

0 コメント:

コメントを投稿