2012年12月19日水曜日

李信恵が回し続ける嫌悪感の増幅メカニズム

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

先日、李信恵氏が「差別はネットの娯楽なのか」と言う記事で在日韓国・朝鮮人が差別を受けていると主張していたのに対して、実体の無い差別を主張する点が在日韓国・朝鮮人が嫌われる点だと指摘したところ、色々と反論が来た(ガジェット通信)。幾つかコメントを返してみたい。

1. ネットで代表的な在日韓国・朝鮮人としての李信恵氏

『私の記事を引用しながら、私個人ではなく、「在日韓国・朝鮮人が嫌われる理由」と題したところ、ここに大きな問題が潜んでいる』とあるのだが、インターネット上で目だった活動をする在日韓国・朝鮮人で、代表的な在日韓国・朝鮮人として主張を行っており、李信恵氏は主にネトウヨを問題にしていて*1、さらにネトウヨにとっては李信恵氏が代表的な在日韓国・朝鮮人だから問題は無いであろう。

2. 李信恵氏の指摘する差別は実体が無い

李信恵氏は、新井氏の“黒シール事件”とネットの“ヘイトスピーチ”を実際の差別の例として出すわけだが、どちらも精神的なものでしかない。新井氏に嫌がらせをした犯人は公職選挙法違反だが、この事件で新井氏の政治家生命が絶たれたわけでもないし、代議士の出自はプライバシーで隠匿すべき情報でもない。

精神的な問題を甚大に言うのは、李信恵氏に限らない。福岡・金(1996)を見ると、民族差別を体験した人よりも、民族的劣等感を抱く人の方が多い。筆者らは何気無い会話にある偏見や差別感と解釈しているが、これもまた実体の無い被差別意識でしかない。また、「在日」の犠牲者性を売り物にする姜尚中氏と言う進歩的文化人もいる。

過去にあった就職や社会保障に関する差別なら実体が明確なのだが、在日韓国・朝鮮人に嫌悪感があると言う告白は、やはり精神的なものにしか過ぎない。

3. 在日韓国・朝鮮人の『思い』は関係ない

「記号でしかないともいわれる国籍に思いを託す人」も、「繋がりが途絶えてしまうのではないかと感じる人」も、「在日韓国朝鮮人の祖国はいまだ分断された状態にある」のも、全て在日韓国・朝鮮人の精神的な問題であって、それを理由に帰化を否定するのは異常に感じる。李信恵氏は、在日韓国・朝鮮人の特殊事情は、日本人には何の価値も無い話だと言う事を認識するべきであろう。

4. 在日韓国・朝鮮人も他の外国人も背景は同じ

李信恵氏は「他の外国人と背景が異なるのに、同列で語るのには無理がある」と言うが、大半の外国人よりも時代が古いわけだが、在日韓国・朝鮮人は日本に移住することを選択した人々で、積極的に日本に留まる事を選択した人々である*2。自発的に日本にやってきたと言う点で、在日韓国・朝鮮人も他の外国人居住者と何ら替わりが無い。日本人にとって、在日韓国・朝鮮人を特別扱いする理由は無い*3

5. 誇示するルーツが反日国家であると言う問題

在日韓国・朝鮮人は北朝鮮や韓国の国籍にこだわっていて、北朝鮮や韓国をアイデンティティとして誇示する時がある。問題は両国の振る舞いだ。

韓国は竹島や従軍慰安婦問題に民族的自尊心を見出しているように思える。北朝鮮は体制国家で拉致問題を始め、超精密偽100ドル札偽造(スーパーノート)、覚せい剤密輸事件、核兵器開発問題を引き起こしている“金王朝”を崇拝している。

李信恵氏が母国にこだわったり、社会学者の金明秀氏が擁護したりすると、一部の日本人からの不信感を呼ぶ事になる。つまり、母国の言行が原因とは言え、自ら嫌悪されるように振舞っているわけだ。「本国の政府にではなく、民族や文化に愛着を持っているだけ」で関係ないと言うなら、帰化すれば良い。

6. 被差別意識を訴えることにある問題

李信恵氏は理解できていないようだが、実体のある差別を訴えることは問題が無い。しかし、李信恵氏は実体の無い被差別意識を訴えている。在日韓国・朝鮮人が嫌われている事は、在日韓国・朝鮮人への差別ではない。被害者のフリをしている在日韓国・朝鮮人に、同情したりするものであろうか。むしろ、嫌悪感を抱く人が多いはずだ。

7. 李信恵氏が回し続ける嫌悪感の増幅メカニズム

上述の議論をまとめてみよう。日本人から見ると、(1)在日韓国・朝鮮人も他の外国人も背景は同じで、特別扱いをする理由が無い。(2)むしろ母国が反日国家なので在日韓国・朝鮮人に嫌悪感を抱きやすい。(3)代表的な在日韓国・朝鮮人が、その嫌悪感を差別だと主張することで、さらに嫌悪感を抱かれる。

もちろんこれは仮説でしかないのだが、李信恵氏が問題にしているのはネトウヨの皆様の嫌悪感だと思うので、某巨大BBSで同意があれば間違いでは無いであろう。実際に前の記事のコメント欄などを見た限りでは、そうは否定されていないようだった。後は李信恵氏自身が、ネットで発言した後にネトウヨの嫌悪感が増したか減ったかを、少し考えて見て欲しい。

*1差別はネットの娯楽なのか(1)――チャンネル桜「在日は日本のゲスト」

*2在日・強制連行の神話

*3旧宗主国としての責任は、在日韓国・朝鮮人を特別永住者として救済しているので果たしている。

0 コメント:

コメントを投稿