2010年8月21日土曜日

視力検査に使えそうな動物の写真の数々

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

生物が、その色彩や形、行動によって周囲の環境と容易に見分けがつかないような効果を上げることを、擬態やカモフラージュと言う。常識的な事柄だが、現代社会で生活していると、そうは周囲の環境に溶け込んだ動物は見る機会が無い。

動物園では見えるように展示してあるし、あまり身近ではない動物の擬態だが、nuffy.netに22枚の擬態の写真がアップロードされていた。目を凝らして、どんな動物が溶け込んでいるか、探してみよう。

フクロウ?

北狐?

豹?

蛾?

オオカミ?

カンガルー?

コヨーテ?

カエル?

目しか見え無いが、魚?

フクロウ?

オオカミ?

犬?

テン?

雷鳥?

バーバリーシープ?

カマキリ?

チーター?

豹?

カエル?

アザラシの子供?

魚?カエルアンコウ?

トカゲ?

これだけ見ていると目の検査というか、目がおかしくなりそうな感じだが、身の回りにも擬態を凝らして存在を消している同僚や上司、部下がいるはず。動物の擬態をすぐに見破れるようになったら、彼らの怪しい動きもすぐ気づくようになって、仕事に役立つかも知れない。

0 コメント:

コメントを投稿