2010年8月8日日曜日

料金が時価なパーキングメーター

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

サンフランシスコでは、料金が混みぐらいによって変わるパーキングメーターの運用を開始したと、Engadgetが伝えている。

この新型機は、パーキング・エリアに取り付けられたセンサーが空き状態を感知し、1時間あたり$0.25~$6.00の料金を課金する。また、クレジット・カードとデビット・カードの利用も可能だ。現在の料金は、インターネットでチェックできる。最終的には5,000台の古いパーキングメーターを新型に置き換える予定だそうだ。

混雑時に駐車料金が高くなるのは、混雑時に必要性が高い人だけが利用するようになるので、経済学的には資源配分が適切になる。日本でも、時間帯で料金(正確には100円で駐車できる時間)が変化する駐車場は多数あるが、それをもっと高度化したものだと言えそうだ。もっとも利用者にとっては、料金の計算がしづらくなるので、サービス低下だと感じられるかも知れない。

0 コメント:

コメントを投稿