2013年3月28日木曜日

ビールは水の代わりになる?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

なるわけないだろっ ─ と思ったのだが、ビールは水の代わりになるらしい。

ビールに含まれているアルコールには利尿作用があるので脱水症状になりそうだが、グラナダ大学のManuel Castillo教授が、運動後に水を飲んだ被験者と、4~5%のアルコール濃度の660mlのビールを飲んだ被験者を比較した所、その補水に大差はなかったらしい。1996年のJournal of Applied Physiology誌にある研究も、Castillo教授の実験と同様の結果が得られているそうだ(DVICE)。

ビールだけ飲んでいたら肝臓にも悪いし、壊血病にもなるので、全く水の代わりにはなっていない気がしなくも無いが、こういう事をフォーマルに研究している人々もいるようだ。そっちの方が驚きな気がしなくも無い。

関連記事

  1. 缶ビールより、瓶ビールが匂う理由
  2. ラガー・ビールが15世紀の終わりまで発明されなかった理由
  3. 20世紀最大の発明の一つを、1500年前の古代ヌミビア人は知っていた
  4. ビールが泡立つジョッキ

0 コメント:

コメントを投稿