2012年5月26日土曜日

Yahoo!ボックスをいじってみる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

コンシューマー向けのオンラインストレージ・サービスと言えばDropboxが人気であったのだが、ここに来てGoogle Driveが公開されて、選択肢が増えてきた。

しかし、使ってみた感じはウェブの画面デザインがかっこ良いとは言えない事を抜かせば、そんなに悪くないように思えるのに、Yahoo!Japanが開始したYahoo!ボックスは人気が無いようだ。

1. 使い勝手はDropboxに酷似

Yahoo!ボックスは、Yahoo!Japanのアカウントに連動したオンラインストレージ・サービスで、Yahoo!ブリーフケースとYahoo!フォトの後継サービスになる。MS-Windows向けに同期フォルダーが提供されている所が、DropboxやGoogle Driveに近い使い心地になる。もちろん、URLも発行する事ができるので書類の公開などにも使う事ができる。Androidアプリも提供されており撮影した写真などのアップロードも容易だ。

2. Yahoo!プレミアム会員にはお得

価格は5GBプランが無料、オークションや無線LANスポットのユーザーであるYahoo!プレミアム会員(月額税込346円)、もしくはYahoo!BB会員は50GBまで無料となっている。50GB以上のプランの場合は、特定ユーザーにだけ公開を行う「共有フォルダー」を利用する事ができる。2GBまで無料、50GBまで月9.99ドル(約800円)のDropbox、5GBまで無料で、25GBまで2.49ドル(約200円)のGoogle Driveより安い価格となっている。

3. ウェブの画面デザインが・・・

Yahoo!Japanと言う会社の社風なのかも知れないが、ウェブの画面デザイン余り良くない。

画像ファイルをアップロードしてみよう。ウェブ公開リンクのページでは、Yahoo!ボックスを使えと言う文句と広告が目立つ。

Google Driveの方はすっきりしていて、特に広告らしきモノはない。Dropboxであれば、普通に画像へのリンクとして扱われる。

有料会員を狙うのであれば、この辺はすっきりさせて欲しい。

4. MacOSやiPhoneアプリは?

Yahoo!Japanの社内はMacOSやiPhoneユーザーだらけだと思うのだが、何故かWindowsとAndroid版しかリリースされていない。宗教的情熱をもって周囲にハードウェアやサービスを勧める層にアピールしないと、この手のサービスは普及しないのでは無いかと思う。もう少しYahoo!Japanの頑張りを期待したい。

0 コメント:

コメントを投稿