2013年3月15日金曜日

たまねぎ価格と安倍総理

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

安倍総理が円高が是正されて、中国の輸入タマネギより、日本のタマネギの方が安くなったと喜んでいる(朝日新聞)。このままだと、生産者にとってもよろしく無いのだが。

消費者にとっては物価の上昇は悪い事だ。生産者にとっては、国産タマネギの価格が生産コストの上昇よりも大きくプラスにならないと良い事にはならない。肥料や燃料が上昇すると生産コストも上昇するし、価格が上がると需要も下がるからだ。

円安で輸入タマネギの価格が上昇すれば、その代替財であろう国産タマネギの価格も上昇する事は予想できるが、消費者にとっては望ましく無いし、実際に上昇するまでは生産者にも望ましい状況ではない。

ところで『安倍首相は「ずっと、中国の輸入タマネギよりも、残念ながら日本の農家が一生懸命つくったタマネギの方が高くなっていた」と説明』 とあるのだが、一生懸命つくったタマネギの方が価格が安い、つまり低い評価と言うのは、気にならないのであろうか。

0 コメント:

コメントを投稿