2010年10月13日水曜日

都会っ子は知らないチキン・ナゲットの製造工程の動画

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

マクドナルドのチキンナゲットは美味しい食べ物ではあるが、本当に鳥なのかいぶかしく思う人も少なくない。料理付きの人には良く知られているようだが、材料(皮なし鶏むね肉、タマネギ、砂糖、塩、天ぷら粉、卵黄)をフードプロセッサーにペースト状になるまでかけた後、スプーンで形を整え、油に落として揚げるだけで作れる(goo)。

しかし、マクドナルドに関係するかは不明だが、製造過程の以下の動画と写真がアップロードされたのだが、恐らく普段は料理をしないマクドナルドの愛好家からは困惑の声が上がっていた

ペースト状のものがピンク色なのは、鳥を丸ごと潰すので、骨とか他の部分も混じっているためらしい。また、殺菌のためにアンモニア溶液で浸し、味と色は食品添加物で調整するそうだ。ただしこれについては、都市伝説として否定的な見解がある。Gizmodoも検証記事を出し否定した(10/14追記)。

こういうステンレスの機械の中で製造されていくと情緒が無いのは確かだが、少なくともチキンナゲットは鶏肉なのでヘルシーだ。ケチャップをつけて食べれば、栄養のバランスも改善するであろう。

ところでチキンナゲットは検索をすると大量にレシピが出てくるので、自分で作ってみたい人はトライしてみるのも良いだろう。『簡単☆チキンナゲット♪ by けゆあ [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが85万品』あたりが、写真もついていて、親切なレシピなようだ。

0 コメント:

コメントを投稿