2010年10月28日木曜日

カゴの中の水着美女

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

動物愛護団体PETAは、過激な抗議行動を行う事で有名だが、最近は露出度の高いセクシーな写真がお気に入りのようだ。

右の写真は、Found Shitにアップロードされていた抗議活動で、檻の中に黄色いビキニの女性たちが、「Chicks suffer for eggs.」というプラカードを持って座っている。

恐らく養鶏場での卵の生産や、ペットとしてのヒヨコに抗議しているのだと思うが、プラカードの文面は「ヒヨコが卵に悩んでいる」なので、筆者には彼女たちが意図している事が理解できなかった。

また、写真のページにコメントがついているのだが、「この娘たち買えるの?」「一匹もって帰りたい」「エサや散歩の世話がいる」「もって帰っても君のママは許さない」「ヒヨコは裸だから、彼女たちはちょっと違う」「確かにこのヒヨコは(女性だから)卵(=子供)を産む」「ヒヨコは糞をするので彼女たちも・・・」と動物愛護に関連したコメントはほとんど無かった。

PETAの活動自体は、人目は引くのだが、人々の共感を得るところまでは行っていないようだ。ところで、この抗議活動のメッセージを理解できる人はいますか?

3 コメント:

graycat さんのコメント...

カードの文面は chicks suffer for eggs で「ひよこは卵のために苦しんでいる」ですよ。

uncorrelated さんのコメント...

ご指摘ありがとうございます。
しかし、ヒヨコが卵を産むわけでもないので、やっぱり何だかわからないんですよね。

Y さんのコメント...

「卵を食べちゃうとヒヨコが生まれられない」という意味ではないでしょうか? まあ実際には食べている卵は無精卵なわけですが、

コメントを投稿