2010年9月14日火曜日

逮捕されるクマー!!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

Mail Onlineが伝えるところによると、米国カリフォルニア州サンルイスオビスポ警察が、クマーが実際の幼児性愛者がマスコットとして利用していると、保護者に警告を行っているらしい。

クマーは、巨大掲示板2ちゃんねる発祥のアスキー・アートのキャラクターであるが、欧米の掲示板4chで幼児ポルノ画像へのリンクとセットにして貼り付けらる行為が多発し、「幼児性愛者の変態熊」(ペドベアー)として知られている。

最近は幼児性愛者もマスコットとして受け入れるようになったそうだが、カリフォルニア州セントラル・コーストでクマーのコスチュームの人物を見かけた情報や、南カルフォルニアでデカールにクマーを用いた車が目撃されたことは無いようだ。しかし、サンルイスオビスポ警察が配っている冊子では、 最近のサンディエゴのコミケで、クマーの格好をした男(下の写真)が外に連れ出された事実が言及されている。また、クマーの愛らしい姿が、幼児性愛者の邪悪な面を隠していると指摘しており、クマーが幼児性愛者のサインであるとしている。

もちろん、インターネットではサンルイスオビスポ警察の警告を物笑いの種にしている。サンルイスオビスポ警察もクマーが冗談で使われている事は承知しているが、保護者に警告を行いたかったようだ。

こんな目立つ格好で、自分の犯罪になる異常性愛をアピールする人はいないと思うが、クマーの知名度がさらに高まれば、他の地域の警察でも同様の取り締まりを始めるのかも知れない。

0 コメント:

コメントを投稿