2013年4月23日火曜日

フィフィ vs 金明秀

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

外国人が生活保護を受けること自体が不自然」などを主張しているエジプト人タレントのフィフィ氏に対して、関西学院大学の金明秀教授が「サイッテーやな、フィフィ。以後は手加減しないよ」「そろそろ自分が口にした愚かしい発言に対しては自分が尻拭いをしなければならないという基本原理を覚えてはどうかな」と抗議(?)している。日本には言論の自由はあるので、是非はともかくフィフィ氏の主張は許容範囲なのだが、金明秀氏の言い方は言論の範疇なのであろうか?

日本人ではなく外国人が論争しているのが面白いのだが、外国人への生活保護支給に関して、政治的な曖昧さがある事が原因であろう。生活保護法には外国人に関する規定が無いが、1950年の長田区役所襲撃事件、1951年の下里村役場集団恐喝事件の後の1954年に、厚生省社会局長通知が出されて外国人永住者も対象になっている。

私は賛成はしないが、フィフィ氏の主張も一理あるわけだ。日本国憲法第二十五条が根拠であり、日本国民ではない外国人も対象とすべき明確な法的理由は無い。国民を保護するのは国家だと考えるのであれば、国籍に応じて保護されるべきであろう。社会保障制度のあり方に関する議論であって、非道徳的とも思えないし、「愚かしい発言」だとは思わない。金明秀氏は、どこがそうなのか明らかにする必要がある。

個人的な見解を述べておくと、永住外国人は生活基盤が日本にあって、日本で納税を行っている人々なので、何かの間違いで生活が困窮すれば、生活保護の対象にするべきだと思う。生活保護狙いで日本に流入できる外国人はごく僅かだし、欧米では永住外国人への支給も一般的だ。

それでも意見があわないからと言って、フィフィ氏を愚かだと罵る事はしない。思想を表現する自由はあるし、この発言に限れば、誰を誹謗中傷しているわけでは無いからだ。金明秀氏は恐喝紛いのメッセージを送るだけでは無く、フィフィ氏の主張のどこが問題なのかを手加減無しで議論すべきであろう*1。一方的に無慈悲な勝利宣言をするのは北朝鮮の文化風習であって、日本では良いこととは思われない。

追記(2013/04/24 21:30):時間的には後になるのだが、フィフィ氏の外国人学校は高校授業料無償化の対象外と言う主張に、間違いだと言う指摘はしている。説明無しにURLを貼るのではなくて、「インターナショナルスクールも就学支援金の対象内」とツイートする方が望ましいし、フィフィ氏のツイートは疑問形で終わっているので程度の軽い勘違いにしか見えないのだが。

追記(2013/04/25 11:00):「手加減しない」は、「あなたに言うべきことをあらゆるチャンネルで発言していくという意味」らしいのだが、「あらゆるチャンネル」に威圧行動が含まれていれば、ある種の脅迫になる。右翼の街宣車を想像して欲しい。

*1金明秀氏はフィフィさんのツイートに学ぶ移民社会(1)」と言うエントリーを書いているが、全く生活保護制度については議論していない。問題を「移民一世vs.先住マイノリティ問題」と言う対立構造に摩り替えている。

3 コメント:

dide da さんのコメント...

初めまして。

問題が問題なので、一応、エスニシティを明確にしておくと、自分の知っている限りでは、「純粋な」日本人です。

「金明秀氏はフィフィさんのツイートに学ぶ移民社会(1)」での「移民一世vs.先住マイノリティ問題」という問題設定を「摩り替え」だとは全く思いません。

本来知性的でりてらしぃ能力の高い彼女がなぜ、事実に基づかない主張を繰り返すのか、その要因を明らかにしたすぐれた分析です。

そして何より重要なのは、金先生のエントリーには続きがあり、そこで金先生ははこのこの「対立構造」を作り出しているのは、両当事者ではない、少なくとも両当事者だけではないとい指摘をしているという点です。

金先生のエントリーの続きをお読みくだされば、管理人さんにはご理解いただけると直感的に思えましたので、ぶしつけながらご意見させていただきました。

中西浩太朗 さんのコメント...

横から申し訳ありませんが自分の見解を述べさせてください。

思うのですがこの記事で取り扱っている内容において
dideさんの述べている
「両当事者の対立構造(今回の場合は在日朝鮮人vs純粋日本人の対立構造)」
は話の流れで辿り着いた枝葉の部分だと思われます。
この記事において幹となる部分はフィフィさんの発言した
「外国人が生活保護の保証などを受けること自体が不自然」
という発言に対する金明秀教授の回答の仕方ではないでしょうか。

また「金明秀氏はフィフィさんのツイートに学ぶ移民社会(1)」のエントリーは続きを含めて全体的にフィフィさんのツイートなどからフィフィさんを分析しているにすぎません。
これらのエントリーからはフィフィさんが発言した「外国人が生活保護の保証などを受けること自体が不自然」に対する金教授の考える(「なぜ不自然ではないのか」という明確な理由)がわかりやすくえらません。
そのため「問題設定の摩り替え」であると思われてしまうのでしょう。

そして何より重要なのは
今回、問題となったことは
「フィフィさんの発言に対する金教授の対応の仕方」
であり対立構造がうんぬんは別の問題です。

議論することは良いことだと思います。ただ相手の主張を受け入れず一方的に糾弾、それも恐喝とも取れてしまう方法をとるのはいただけないです。
今日においてネットは顔もわからない方が多く見る場所でもあるので特に気をつける必要があると思います。

あと素朴な疑問なのですがdideさんの仰る
「純粋な日本人」
とはどなたのことを指しているのでしょうか?主語が抜けているためわかりません。

お目汚し失礼いたしました。

Naoto Sakakibara さんのコメント...

まさにお目汚しです。フィフィ氏のなんの論拠にも拠らない盲目的な偏見は半公人として批判されて当然。しかも都合の悪い自ツイートは削除しまくる卑劣な人間性。脅されても当然ですよ。

コメントを投稿