2013年1月30日水曜日

アベノミクスが第一段階を突破 ─ テイラールールの変更が中日新聞に理解される

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

中日新聞のコラムが話題になっている(政経ch)。批判的な意見が多いのだが、インフレ目標政策の真の意味、つまりテイラールールの変更、もしくは時間軸効果の狙いを的確に説明*1しており秀逸だ。調子に乗っているのかは良く分からないが、認識に大きな誤りは無い

経済評論家がインフレ目標政策を量的緩和の強制メカニズムのように説明していて、世間一般に正しくメッセージが伝わるのか不安だったのだが、最終的には日銀のコミットメントの意味が理解されたようだ。効果があるかは不明だが、出だしでコケているわけでも無いと言えるであろう。アベノミクスの支持者は、このコラムを朗報と受け止めるべきであろう。

*1『ゼロ金利以下には金利を下げられないから、物価2%になるまで金利は上げません、という時間を使ったいわばマイナス金利なのさ』とある。

0 コメント:

コメントを投稿