2011年7月6日水曜日

反原発派は他人の権利を尊重すべき

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

全ての原発反対派がそうだとは思わないが、反原発活動に熱心なあまりに他人のプライバシー侵害や業務妨害になる行為を平気で犯すことを誘導する人がいる。あまり良い行動では無いので自粛して欲しい。

根も葉もない噂のように思えるが、以下のようなTweetが流れて来た。病院に『みんなで』個人情報を問いただせと誘導している。

問題は三つある。一つは患者のプライバシーを尊重する姿勢がないこと。一つは噂の根拠が示されていないこと。一つは病院への威力業務妨害を誘導していることだ。問い合わせるにしても、一人が問い合わせれば十分だ。

原発廃止論を持つのは個人の自由だし、反原発デモもルールに従っている限りは否定できない。しかしこれは法的枠内をはみ出ているので問題だ。実際に集団で問い合わせを行うとは思わないが、違法行為を誘導しているように取られても仕方がない。主張が正しくても手法が問われるのが民主制度なのは忘れないで欲しい。

0 コメント:

コメントを投稿