2011年4月25日月曜日

爆発物探査犬がネズミに職を追われる?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

イスラエルの空港で爆発物のチェックを行っている犬の替わりに、トレーニングされたネズミを使えないか、研究者が試行錯誤している。マウスの嗅覚は犬よりも敏感で、X線よりも効果的に爆発物を嗅ぎ分ける事ができるそうだ(POPSCIBioScholar)。

もちろん犬のようにパトロールするのではなく、ボディースキャナー・サイズのケースに、8匹のマウスが入ったカートリッジを三つ装着し、ケース外からの空気を嗅がせる事で爆発物の識別を行う。4時間交替で働かせるそうだ。マウスは爆発物の臭いを嗅ぐと、別室に避難するように訓練されており、別室に一匹でもマウスが入ると警報が鳴る。

ネズミに命を預けるのは勇気が要りそうだが、昨年のテルアビブでのテストでは、1000人の買い物客の中から22人のモックの爆発物をもったテスターを、100%識別するのに成功している。

0 コメント:

コメントを投稿