2013年1月5日土曜日

歩行する人の振動で発電!(英国版)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

英国の発明家が、歩行する人の振動で発電するPavegenと言うモノを開発したのだが、いつかどこかで見たような気がしてならない。そう『株式会社音力発電』の代表取締役、速水浩平氏が圧電素子を埋め込んだ発電床を発明しており、2008年には渋谷で野外実験も行っている(身近な未来とブリッジ)。なお、Pavegenの仕掛けも同様なのかは、同社のウェブページからは確認できなかった。

0 コメント:

コメントを投稿