2011年3月9日水曜日

米スマートホン市場はAndroidの独走状態に入る

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

comScoreの最新の調査では、Android OSの加入者数シェアが31%と首位に立った。RIM BlackBerryとApple iOSは、それぞれ30.4%、24.7%となっており、2008年9月からの2年間でスマートフォン市場を制した事になる。3ヶ月間でAndroidはシェアを7.7%増加させ、RIMは5.4%減少させた。Appleは0.1%増加とシェアを維持しているに過ぎない。

1. シェア拡大が続くAndroid

AndroidとiOSのシェアは2010年11月に逆転していた事が既に公表されているが、今回の調査ではAndroidがRIM BlackBerryをも抜き去ったことになる。

米スマートフォンOS別加入者シェア
OS 2010年
10月
2011年
1月
増減
Google Android 23.5% 31.2% 7.7
RIM BlackBerry 35.8% 30.4% -5.4
Apple iOS 24.6% 24.7% 0.1
Microsoft WM/WP7 9.7% 8.0% -1.7
Palm 3.9% 3.2% -0.7

世界最大規模のモバイル関連展示会MWC2011でもAndroid端末が大きな展示スペースを占め、AndroidがiOSに対して優勢である事を強く印象付けているようだ(ITライフハック)。比較的iOSのシェアが大きく出る傾向のあるNielsen最新の調査でも同様の結果となっており、Androidの独走状態は確認されたと言っていいであろう。

2. 伸び切れないAppleのiOS

Appleは、機能やデザイン、アプリケーションの充実度が高い評価を得ているiPhoneやiPadという製品を持っており、シェアが大きく量産効果が最も働くスマートフォン製造業者だ。最近はその垂直型ビジネスを評価する記事も多々見かける。それにも関わらず、Appleがシェア拡大競争に負けつつあるのは、興味深い事象だ。

よく、多くの製造業者がAndroid端末を製造しているため、Apple単独では立ち向かえないとの分析を見かけるが、規模生産性を考えると根拠を欠く主張となっている。ソフトウェアとしてのiOSに何らかの魅力が無いか、ハードウェアとしてのiOS端末に訴求力が無いか、特殊な社会的効果が働いていると考えるのが自然であろう。

3. ハードウェア主体のApple、サービス主体のGoogle

Appleは、2010年でソフトウェアと音楽配信を含むサービスによる売上は15%程度となっており、事業内容としてはハードウェアが主体の企業となっている(asymco)。逆にAndroid OSを開発するGoogleは、収入源は広告だが、事業内容としてはソフトウェアとインターネット・サービスが主体だ。

ハードウェアで利益を得る場合、在庫リスクを避ける意味もあり、なるべく少品種で大量の製品を製造・販売する方が効率が良い。しかし、規模生産性だけを重視すると、キーボード付スマートフォンのような『ニッチなニーズ』を切り捨てる事になるので、市場シェアは十分にとれない。ハードウェア製造業者は1社で独占的な状態までシェアを拡大しようとすると、収益性を損なう可能性がある。

Googleはインターネット・サービスの会社であり、スマートフォンにはソフトウェア的に貢献をしているものの、ハードウェア的なリスクを負っていない。多様なハードウェアでAndroid端末が供給されることは、サービス利用者の幅を広げる事になっても、Googleの収益性を損なう可能性はほとんど無い。アプリケーション・プラットフォーム競争では、対応端末をとにかく拡大していけば良いGoogleの方が有利という事になる。

4. 利益をあげつつシェアを失うApple

結果としてAppleの経営状況は素晴らしい状態だが、Google Androidとのプラットフォーム競争に敗れつつある状態になっている。かつてのWindows PCとMacintoshの競争と同じような現象が起きているようだ。

Appleとしては、iPhoneのバンパーやiPadのカバーのカラーバリエーション、Veizon Wireless向けのCDMA2000端末、廉価版iPhoneなどで対抗していく姿勢も見せているが、少なくとも2011年1月まではシェアに関しては深刻な状況になっている。

0 コメント:

コメントを投稿