2013年2月23日土曜日

相互に聖域なき関税撤廃を求められたら?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

安倍総理がTPP交渉参加の方針を固めた(時事ドットコム)。「聖域なき関税撤廃を前提とする限り交渉参加に反対する」としていた安倍総理が、「一方的に全ての関税撤廃を約束することは求められない」と言う表現で満足したそうだ。「2国間貿易上のセンシティビティー(関税撤廃の例外にしたい品目)」があるとは言え、それが議題に上がらないとは書いていないのだが。

TPP交渉参加は支持すべきであろうが、相互に聖域なき関税撤廃を求められたらどうするのであろうか。つまり、米国は砂糖や乳製品を諦めるから、日本は米を諦めろと言われたらどうするのか。そもそも稲作を聖域にしないといけない理由を、十分に説明しているように思えないが。

TPP交渉参加に反対してきた圧力団体が聖域は認められると思うか、なし崩し的に貿易保護が無くなると思うのか、ここから安倍総理の調整手腕が試される。

関連記事

  1. TPPに参加反対の『既得権益者』は誰?
  2. 国民皆保険制度の崩壊条件
  3. 米とこんにゃくの税率を安倍晋三は正当化できるのか?
  4. TPPで漁業者は困るのか? ─ 困るわけがない
  5. 保護貿易主義者の安倍晋三にある無責任と非常識

0 コメント:

コメントを投稿