2017年6月16日金曜日

獣医学部新設防止は『岩盤規制』だったのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

加計学園系列の岡山理科大学の獣医学部の設置認可に関して、安倍総理が「岩盤規制に穴を開けた」と言ったせいか、獣医学部新設防止は『岩盤規制』と言うことになっている。しかし、獣医学部新設防止は、緩和や撤廃が容易にできない規制とは言い難い。法律ではなく文科省の告示で規制されているだけだからだ*1

自民党の法案の事前審査は全会一致が必要とされているので、法改正が必要であると少数の族議員でも大きな影響力を持つことになる。最後は党執行部が反対者を追い出したりするのであろうが、自民党の力が落ちるのは確かだ。また、この決まりが無くても、一定数の族議員が野党と結託したら法案は可決されない。族議員などを通した業界団体の影響力は、立法を必要としない場合は半減するわけだ。

獣医学部設置に関して問題になる規制は、安倍総理が文科大臣に「認可基準第一条第四号、無くすわ」と宣言させたら終わりである。これをしてしまえば、少なくとも文科官僚に抵抗する術は無い。閣内の大物である麻生氏などが獣医師会と懇意であるわけだが、それに抗議して辞任することは出来ないであろうし、したとしても安倍政権が瓦解するわけではない。選挙での獣医師の影響力も、獣医師の数からして強くは無い*2。田舎に行くと獣医師が地元の名士であるとも聞かない。

過去の「岩盤規制」的な議論、郵政省や道路公団の民営化、道路特定財源制度も廃止、最近ではTPPの交渉参加と批准などと比較して、獣医学部新設防止の難易度が高いとは言い難い。自民党税制調査と財務省が頑張ったビール類の税額一本化と比べても、そう難しい話ではないであろう。むしろ容易に撤廃できてしまうものに思える。何を岩盤規制と定義するかにもよるのだが、その存続や廃止が政権を揺るがすようなシロモノではないのは確かだ。

何はともあれ岩盤規制と見なしてしまうと、安倍総理の“業績”が大きくなる。安倍総理の支持率を落としたい野党の皆様は、釣られて岩盤規制と言わずに「容易に改廃できる単なる告示」であると強調すべきである。

*1「平成15年3月31日文部科学省告示第45号」で定められた「大学、大学院、短期大学及び高等専門学校の設置等に係る認可の基準第一条第四号の規定」で、獣医学部などの設立を無条件に許さない事になっている。

*2日本獣医師会会長の蔵内謙氏は、鳩山邦夫氏の子どもの鳩山二郎氏が強かったのかも知れないが、福岡6区補欠選挙で落選している。

0 コメント:

コメントを投稿