2013年2月25日月曜日

ゴキブリのコントロールにかける情熱

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

人家に大量に生息していて捕獲しやすく、さらに操作しやすいからだと思うが、コキブリのコントロールがブームになっているようだ。

ノースカロライナ州立大学の研究者はセナガアナバチのように電極を突き刺して操作する技術を開発し(North Carolina State University)、ブリュッセル大学等の研究者はゴキブリの集団にロボット・ゴキブリを潜入させること集団行動を制御している(WIRED.jp)。最後はTwitterと連結しだしだ(DVICE)。

災害時の被災者の捜索に使えるとか色々と応用可能性が主張されているが、研究しやすいからなのは見え見えだ。研究可能性も大事な要素なので否定はできないが、もう少し見栄えのする素材が無いものか。インターネットで人気の研究にはなっているが、悪趣味だと思う人は多いであろう。今後の研究成果に期待したい。

0 コメント:

コメントを投稿