2013年2月13日水曜日

3Dプリンターを海洋調査に活用する

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

最近、急激に活用が広まっている3Dプリンターだが、海洋資源調査の標識に応用する試みが、オーストラリアのCSIROで行われているようだ。

チタン製のタグを3Dプリンターで作成し、メカジキ、マカジキ、マグロなどの大型魚の皮膚に打ち込むだけなのだが、チタンなので腐食性や毒性が低く、3Dプリンターなので形状を色々と工夫しやすいのが利点らしい。

色々と試行錯誤しているのが分かる。

0 コメント:

コメントを投稿