2013年2月18日月曜日

米陸軍、330億円かけたハイブリッド飛行船の開発を諦める

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

米陸軍がハイブリッド飛行船(LEMV)の開発を放棄したと報じられている(POPSCI)。当初は2012年春からアフガニスタンで運用開始し、継続的偵察を行う予定であったが、技術的・予算的な問題と、2014年のアフガニスタンからの米軍撤退を受けてオワコンになってしまったようだ。

遠隔で通信回線の帯域を確保できていない事が技術的な問題のようだが、実オペレーションの消失の方が理由としては大きいのであろう。InsideDefenseによると、今までに3.56億ドル(約330億円)の開発費用がかかっている。米海軍のMZ-3A、米空軍のBlue Devil 2に続くハイブリッド飛行船の開発中断となり、21世紀の飛行船復活の見通しは随分と暗くなった。

関連記事

  1. 最新型飛行船はヘリウム不足で浮かべない
  2. 米空軍の飛行船の開発計画が停止

0 コメント:

コメントを投稿