2010年7月30日金曜日

24年ぶりにヘリコプターの最速記録が更新される

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

非公式ながらヘリコプターの最高速度記録が更新されて、時速417Kmになったらしい(シアトル・ポスト誌)。

右のシコルスキー社のX2というヘリだが、写真を見る限り、降着装置が格納でき、同軸反転ローターで、後部に推進用のローターがあるなど、いかにも速そうな構造だ。

以下は正面から見た写真だが、細くていかにも速そうな形をしている。

以前の世界最速記録は1986年に英国Westland Lynxが出した時速400Kmだが、こちらのヘリは下の写真のようにオーソドックスな構造の多目的ヘリなので、形状からしてX2が速度にこだわっているのが分かるだろう。

ヘリコプターで速度を出すのは難しいので、飛行速度がいる用途では固定翼機やティルト・ローター機が使われている現在だが、久々のレコード更新となった。X2は見た目では分からないが、操縦系統はフライ・バイ・ワイヤーで、自動荷重制御やアクティブ振動制御等も搭載されており、年末には時速463Kmでの飛行を目指すそうだ。

技術的に民間利用が可能そうなものも多く、速度が必要となる緊急救助ヘリなどに応用が期待できる。低速での安定性を犠牲にしているわけでは無いそうなので、Sikorsky X2の時速463Kmでの公式記録樹立に期待したい。

0 コメント:

コメントを投稿