2017年11月3日金曜日

大学設置審議会の加計学園の獣医学部設置認可は、問題が無かった事を意味しない

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

文科省の大学設置・学校法人審議会が、加計学園獣医学部の開学を認可する見通しとした事に対して、これまで言われた疑惑が虚偽であったことが示されたと喜んでいる人々がいる一方、疑惑があるのに設置認可を出したのは不透明だと憤る人々も出ている。政治的な立ち位置で意見が分かれるのは分からないのだが、ちょっと待って欲しい。設置審議会はあくまで国内基準で判断するところなので、今まで出された疑惑とは関係の無く設置認可を判断している。だから、論争に決着をつけることはできない。

問題は、設置審議会の問題関心の外側にある*1。石破4条件と言う安倍内閣が設置した岩盤規制を打ち破るために、既存獣医師養成課程は国際水準(AVMAスタンダード)に永久に至らないので、それを満たす加計学園・岡山理科大学の獣医学部を設置を特例として認める話になっているのだが、AVMAスタンダードを満たすか否かの判断を下す機関ではない。では、誰がAVMAスタンダードを満たしているとお墨付きを与えているかと言うと、誰もしていなかったりするわけだが。農林水産大臣と文科大臣が相談して石破4条件を満たしていると確認したことになっているのだが、獣医師養成に関わる専門家は誰もアドバイスをしていない。

*1加計学園問題の未確認・未弁解事項は色々とあり、これは一つの論点に過ぎない(関連記事:加計学園問題の未確認・未弁解事項の整理)。なお、既存獣医師養成課程は“国際水準”に永久に至らないと認定してよいのかも、本当は確認すべき点である。

0 コメント:

コメントを投稿