2017年2月28日火曜日

フィリップスカーブは成り立つとは限りません

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

広く知られる雇用/経済成長率とインフレ率のトレードオフの関係だが、不適切なマクロ金融政策であっさり壊れることが知られている(Lucas Islands Model)。また、そこそこ適切なマクロ金融政策をとっていても、観察されなくなる事もある。少なくとも、イギリスのデータを見ても成り立っている気配は無い。2011年にVAT税率引き上げがあるとは言え、トレードオフの関係は見られない。

日本はコアコアCPIを使えば2010年以降は観察できなくもない*1。英国も同じような品目でつくれば見られるのかなと思うのだが、英国官庁の配布データは2307列もあって、年次、四半期、月次が同じ列に並べておいてある上に、ウェイトが書いていないので諦めた。

学説史的には重要なのだが、観察されたりされなかったりする関係なので、これを前提にした政策はちょっと無理がある。なお、英国の大学で、コレを見せつつマクロ経済学か労働経済学を講義するというちょっとした罰ゲームを味わった人もいるそうだ。学部生に教えられるモデルで、これを上手く説明できるものは無いであろう。

0 コメント:

コメントを投稿