2012年8月6日月曜日

現代戦で有視界戦闘やドッグファイトはあり得ないか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

F-22とEF2000のドッグファイトの記事に関連して、現代戦で有視界戦闘はあり得ず、F-22が敵機を有視界外(BVR)から撃墜できると言う見解が多く出されているが、さすがに楽天的かもしれない。少なくとも最近までの実戦分析からは、BVRからの空対空ミサイル攻撃が万全では無い事を示している。

1991年以降、米軍が空戦で撃墜した61機中、20機がBVRからの攻撃だそうだ。このうちAIM-120ミサイル*1によるものは10機あるようだが、うち4機は視界内戦闘になっている。残りの6機は13回の攻撃*2によるもので、撃墜率は46%だ。しかも、AIM-120が電子妨害装置(ECM)が有効な機体を撃墜した形跡は無い(RANDプレゼン資料の23~25ページ)。

"First look, first shot, first kill"の原則から考えるとF-22ラプターの優位性は揺らがないわけだが、機体の高性能レーダーが必ずしもFirst lookを保証するとは限らない以上は、無敵ではないと言う事になる。また、空自のスクランブルのように、侵入者を視認する必要がある場合はBVRから攻撃を行えない。

*1米軍機が装備している有効射程50~70Km程度の視程外射程空対空ミサイル。

*21回でミサイル2本を消費する。

1 コメント:

Unknown さんのコメント...

そりゃ米軍側もステルス機ではないからね

コメントを投稿