2022年5月9日月曜日

露呈したネット論客の偽旗作戦

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

SNSの表現規制派フェミニストを非難してきたネット論客の青識亜論氏のTwitterアカウントが永久停止された。今までも不明瞭な理由でアカウント停止された人々がいるし、青識亜論氏に誹謗中傷あたるような発言は無かったようなので、凍結自体はお気の毒で終了する話だ。

ところが事態はこれで終わらなかった。青識亜論氏は、即座に今まで隠していたサブアカウントを名称改変し、青識亜論氏として利用を開始したのだが、名称改変前のサブアカウントの過去の言動が特定されることになった*1。この過去の言動が、青識亜論氏の主張と真っ向から対立するものなので、非難を浴びている。

そのサブアカウントは表現規制派フェミニストとして振る舞っており、表現規制派フェミニストたちに賛意を寄せつつ表現物を非難し、さらに表現規制派フェミニストを非難している他の表現の自由戦士たちに反論を行っていた。表現規制派フェミニストを観察するためであればフォローすれば済むだけなので、表現規制派フェミニストと表現の自由戦士の諍いを煽動していたと非難されている。

外形的にはマッチポンプ、偽旗作戦。言論の自由が、正しい意見を模索し、正当化し、説得的なものにするためにある事を顧みれば、言い争いを促進するだけの偽旗作戦は擁護できない。表現物/ツイフェミを非難するのは不徳ではないが、他者が表現物/ツイフェミを非難するように、(サブアカで他の表現の自由戦士を挑発して)煽動するのは不徳になる。

青識亜論氏は以前から真摯に議論をしていると言うより詭弁や煽りに頼る傾向があったので*2、こういう工作をしていた事が発覚しても意外ではないのだが、萌え絵表現の自由の擁護者として知られつつあったので、表現規制派の皆さんに勢いがつきそうで心配だ。理屈では主唱者と主張は別とは言え、世間は主唱者の振る舞いで主張の是非を判断するときもある。表現規制派の渡辺真由子氏のマンガ・アニメ・ゲーム内の性的描写規制論が目立たなくなったのは、渡辺真由子氏の剽窃騒動が一つの理由である。

0 コメント:

コメントを投稿