2014年10月22日水曜日

在日韓国・朝鮮人の特別永住権を正当化できない社会学者

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

橋下大阪市長が特別永住者の法的扱いに疑問を投げかけたことに対して、関西学院大学の金明秀氏が反論をしている(SYNODOS)。相変わらず民族的自尊心が重要らしく、特別永住者が日本にいることの正当性を主張し、その被害者性を強調している。残念ながら、上手く書けていない。

冗談のような作文だ。在日韓国・朝鮮人は植民地朝鮮から内地への密航者ではあるが、日本国籍を持っていたので不法入国者ではないと言う分かりづらい正当化をしている。大差ない。また、「特別永住資格とは、はたして《日本人にはない特権》というべきものなのだろうか」と他の永住外国人には無い特権と言う批判を無視した問いを立てている。

これでは在特会の桜井氏に負けてしまいそうだ。かつて密航者か不法入国者であったかの説明なんて、今は合法滞在者なのだから今後の話には関係ない。戦後処理で日本国籍が与えられなかったことも、それから帰化しなかったのだから関係ない*1。特別永住者と言う制度が今後の日本国にとって必要なものである事を主張すればいいのに、関係のない話ばかりしている。

特別永住者が他の永住外国人に対して優越的に持つ特権は、退去強制、再入国許可、登録証明書携帯義務、外国人雇用届出義務適用除外などに関してあるらしいのだが、単にこれらが日本国民の利益になっている事を示せばよい*2。もしくは日韓法的地位協定の内容や、国籍「朝鮮」の無国籍者の処理をどうするかなど、法的課題を挙げても良いであろう。もしくは日本語しか話せない実質的に帰る祖国の無い人々を、あっさり見捨てて人道的に問題が無いかも問えると思う。

在日韓国・朝鮮人の民族的自尊心が重要な金明秀氏にとって、同情的な人道的配慮に訴える事は我慢ならないとは思うし、他の永住外国人に対して優越的に持つ特権が日本人の利益になる事を説明するのは手間隙がかかると思うが、長々と歴史を説明すれば必要性が出てくると言うものでは無い。妙な論法を繰り広げても、在特会の簡潔なメッセージに押し負けてしまうことには注意すべきだ。説得力ないよ。

*1関連記事:在日朝鮮人の帰化申請は難しい?在日韓国・朝鮮人はなぜ帰化をしないのか?

*2退去強制は殺人・強盗ぐらいでは韓国が犯罪者をどうせ引き取らないから事務的都合で緩い、二世、三世は日本社会に溶け込んでおり朝鮮への逃亡可能性が低いから登録証明書は要らない・・・など説明できるかも知れない。

0 コメント:

コメントを投稿