2013年2月20日水曜日

朝鮮学校の無償化対象外を完璧にするために

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

安倍政権が朝鮮学校を無償化対象外にする方針を決めた(産経ニュース)。

原則として外国学校を差別する理由は無いのだが、卒業後は日本社会に同化していく必要がある生徒に、国交が無く事実上の仮想敵国*1の国家元首を崇拝する教育を行っいる朝鮮学校*2への“弾圧”は歓迎したい。

しかし、朝鮮学校の無償化対象外を完璧にするには、地方自治体の朝鮮学校への補助金打ち切り以外にも、もう一つ施策が必要だ。

在日韓国・朝鮮人への差別や罵倒の抑制が必要だと言う事だ。日本は人種差別撤廃条約を批准しているのだが、入居差別などがあるらしい。これを積極的に改善を促していないし、社会保障の位置づけも通達レベルなので法的には確固としていない。これらは制度的欠陥だと思われるから、改善する必要がある。また、大した事では無いのだが、小中高生で差別用語で在日韓国・朝鮮人を馬鹿にしようとする日本人は少なく無いと思われる。そういう子ども達への教育も必要だ*3

鞭と飴? ─ そもそも我が国が決めた方針を遵守するのだから飴ではないが、無駄な不満を持たせない意味はある。当たり前の事を実行するだけだが。え、韓国人の李信恵氏が表現の自由を規制しろと言っていて不愉快? ─ そうだね。しかし、隣国のように人権を平気で踏みにじるような国家になったら、それは慣れ親しんでいる日本の戦後体制の崩壊を意味する。保守的な人間なので、そういう事は御免蒙りたい。

*1北朝鮮は拉致問題、大韓航空機爆破事件、超精密偽100ドル札偽造(スーパーノート)、覚せい剤密輸事件、韓国哨戒艦「天安」撃沈事件、延坪島砲撃事件、核兵器開発問題、暗殺事件(ラングーン事件、朴相学暗殺未遂事件)などを引き起こしている武力集団だ。日本は国家承認を行っていない。国内の経済政策も問題が多く、毎年のように飢餓が報道され、さらに多くの脱北者が発生している。

*2「北朝鮮による拉致と人権問題に取り組む法律家の会」幹事の川人博弁護士は、昭和53年の麻薬密輸事件の経験から、「朝鮮学校が、犯罪行為を担う工作員に教員という社会的地位を与え、若者を新たな工作員候補として発掘する場になってきた」と指摘している(産経ニュース)。

*3北朝鮮の体制批判も心に突き刺さるらしいのだが、どこまで許されるのかは検討しておいた方がいいであろう。

0 コメント:

コメントを投稿