2012年8月3日金曜日

自律型無人攻撃機X-47Bの離着陸動画

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

現在米軍で運用されている無人航空機は巨大なリモコン的な要素が強いのだが、現在開発中のX-47Bは離陸から着陸まで自律的に作戦をこなせる艦載攻撃機となる予定だ(POPSCI)。しかもステルス性能のためか無尾翼機で、本当に飛ぶのか疑ってしまう。

海軍も疑われていると思ったのか、7月29日にチェサピーク湾で36分間のデモ・フライトの動画を公開してきた。F/A-18を伴い、離陸後に高度7,500フィートまで上昇し着陸する事に成功している(POPSCI)。

実験が行われたPax Riverは世界で唯一の空母シミュレーターがあり、蒸気カタパルトや着艦フックがあるそうで、今回は行われなかったこれらのテストは、2013年前半に予定されているそうだ。なおX-47Bは技術実証機で、実戦配備される予定は無い。

0 コメント:

コメントを投稿