2018年11月21日水曜日

ハンガリーでジェンダー論の修士課程が規制される

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

ポピュリストとして名高いハンガリーのオルバン首相が、科学ではなくてイデオロギーだからと言う理由でジェンダー論の修士課程を禁止した*1。もともと入学者数が少なく、既に在籍している学生は適応除外されるが、ハンガリーの左派は、学問的に問題で、民主主義社会では前代未聞であり、ジェンダー論は(女性の?)雇用につながっていると反対している。

日本のジェンダー社会学者やその影響を受けている分野(e.g. ジェンダー法学)の人々の雑な主張を見るにつけて*2、ジェンダー界隈の課程にはコア科目を設けて教科書的な倫理学と社会調査や統計的因果推論についても教えて欲しいなと思っているので気持ちは分かるが、公費が入らないようにする方法は他にもあるであろうし、禁止するのは過剰に思える。外部不経済を抑制するためにジェンダー論だけ他の課程の学費の3倍ぐらい取れば良いのでは無いであろうか('-' )\(--;)BAKI

*1Hungary bans gender studies because it is 'an ideology not a science' | Fox News

*2炎上する人はだいたい同じなので、かなりの例外の可能性もある。暴走気味のジェンダー方面の人々を嗜めるジェンダー方面の人々が出て来ないので、色々と不安になるわけだが。

0 コメント:

コメントを投稿