2018年2月23日金曜日

乳児も抽象的なルールを視覚的に覚えられる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

生後360ヶ月だが職場の空気を読むのが苦手だと言う声が聞こえてきそうだが、最近の研究では生後3、4ヶ月の乳児にも抽象化されたルールを読み取る能力が備わっていることが示されているそうだ。従来研究では聴覚を通じたものしか示されていなかったが、PLOS One誌に掲載されたノースウェスタン大学のチームの研究で、視覚を通じた学習能力もある事が示された*1。これでアイドルと親類者が同じ女性だと思えないなどと言うと、乳児未満の学習能力にされてしまう。

お話ができない乳児がどういう風に知覚しているのかよく識別するなと思うが、研究者たちは40人の乳児に3枚の画像の並びを見せて、それを見ている時間によって、同一のものと認識しているか否かを判別できる。2種類の犬の画像AとA'とB(AとA'は同一犬種)で作られる写真の並びABA'とAA'Bを見せると、乳児が見ている時間からABA'とAA'Bは別のものだと認識していると考えられ、これは犬の種類を変えても同じ。つまり、写真の並びを抽象パターンとして認識している。

門外漢なのでこの判定方法の信頼性は分からないが、保育所に入る前の子どもも車種が変わっても、車は車だと認識していた気がするので、結果自体はそんなに違和感が無い。何はともあれアイドル・グループのメンバーが全て同じに見えるオジサンには、抽象的パターン認識を極めすぎたためだと諦観するための材料をくれる有難い結果だと思う。しかし 欅坂 けやきざか 46が読めないと言う別の問題が残った。

0 コメント:

コメントを投稿