2014年5月2日金曜日

健康な国ほど可愛らしい女性がモテモテ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

Biology Letters誌に掲載されたフィンランドのトゥルク大学のUrszula Marcinkowska氏とその同僚の28か国の男性2,000人を対象にした調査によると、人々が健康な社会では、男性ホルモンであるオストロゲンの影響が弱く、女性ホルモンであるエストロゲンの影響が強い女性らしい女性が男性に好まれるそうだ。個々の人間の健康ではなく、社会全体の健康度が影響している。この傾向の理由は不明だが、国富や男女比ではなく、健康度が重要らしい(The Economist)。

女性らしい容姿だからと言って不健康とも限らないし、悩ましい調査結果だ。なお日本が右上に来ているのだが、ワクチン接種の普及率が低いなど批判されている部分もあるので、日本は健康な社会だと本題に関係の無いところで喜ばない方がよいかも知れない。また、かわいい女性が好まれるからと言って、日本女性がかわいいと言う意味でも無いので、ご注意を。

0 コメント:

コメントを投稿