2011年2月8日火曜日

Verizon版iPhoneの初日の予約数が、Verizon Wirelessの記録を更新する

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

TheStreetによると、2月1日に開始された米国Verizon Wireless版iPhoneの初日の予約数が推定で50万台に達し、Verizon Wirelessの記録を更新したそうだ。従来の記録はMotorola Droidの10万台で、Verizon版iPhoneへの引きの強さを表している。

Droidは最初の週末で20万台、最初の一週間で30万台、2009年の第4四半期に160万台を販売しているが、それを簡単に凌駕するペースだ。iPhone 5を含めて、1,100万台のVerizon版iPhoneが販売されるとアナリストは予想している。

Verizon版のiPhoneによって、どの程度、Appleが販売シェアを盛り返すかが注目されているが、Appleよりは米国でiPhoneの独占販売権を失ったAT&Tの方が危機感があるようだ。Verizonの方が通話エリアが充実しているとされており、AT&Tの競争力は疑われている。

AT&Tも、通話と同時にデータ通信ができる自社の優位点をアピールして、Verizonに対抗しようとしている。以下は結婚記念日を忘却していた夫が、妻の「結婚記念日、おめでとう」電話に対応しつつ、レストランを検索するCMだが、Verizon版は同じ事はできない。

0 コメント:

コメントを投稿