2013年7月22日月曜日

参院選挙の結果で衆愚政治だと嘆くオトナたちへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

年齢だけがオトナな気もするが、参院選挙の結果で衆愚政治だとか、政治に興味がなくなったとか嘆いている経済評論家や現代思想家がいる。自分の気に入る結果が出ることが、望ましい民主制度でも無いわけな事に気付いていないのが面白い。年齢を重ねても、民主制度に対する無理な期待は捨てられないらしい。

今回に限らず選挙結果が気に入らない人は多いと思う。私も公人として不適格だと思っているワタミ創業者の渡邉美樹氏が当選した事は残念だ。落選しそうだと聞いて喜んでいたのだが、滑り込み当選になってとても残念だ*1。こうなったら公職選挙法違反で失格にならないかと思っているぐらい残念だ*2。しかし、民主制度とはそういうものでもある。

民主制度は全員の意見を集約するわけで、全員にとって完全に満足いく結果は出ない。少なくとも選挙民は投票に行くと言う手間隙をかけないといけないし、政治家は落選するかもしれないと言うプレッシャーを受けるわけで、どちらにとっても選挙はコストだ。しかし、このコストを払うことで権力の暴走を防ぎ、内戦などの不毛な状態を防止してくれる。

最悪な状況を避けるためのシステムなだけで、別に貴方にとって最善の状態を保証してくれるわけではない。幸い、渡邉美樹氏が当選したと言っても大勢の議員の中の1人でしかないので、大した政治的影響力は無いであろう。むしろ労働問題に注目があたって、世の中が良くなるかも知れない。少なくとも最悪な状況にはなっていない。

何はともあれ、渡邉美樹氏が落選しなくて残念だ*3

*1厳密に労働法を守っている企業は少ないかも知れないし、場合によっては労働法の内容を誤解している企業経営者もいるであろうが、それでも渡邉美樹氏は特に労働法を守っていく姿勢にかけているように思える(関連記事:ワタミ・渡邉美樹に法令順守の精神はあるのか?)。

*2実際に失格になったりはしないであろうが、公職選挙法違反では無いかと疑われる噂は少なく無い(ワタミ前会長・渡邉美樹氏が公職選挙法違反か / 週刊文春が証拠となるビデオを公開 | ロケットニュース24)。

*3なお、こう思っているのは私だけでも無いようだ(前ワタミ会長・渡邉美樹が参院選で孤立無援になっている)。

0 コメント:

コメントを投稿