2016年7月11日月曜日

日本共産党の謀略と幸福の科学の霊術が自民党の完勝を防いだ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

事前の予想の通り与党の自民党と公明党が改選前より議席数を延ばした2016年の参議院選挙であったが、選挙分析の専門家の皆様からぽつぽつと自民党は勝ちきれなかったと言う寸評が聞こえてきた。野党の苦戦が予想された一人区で完勝といかなかったからだ。

これから政治学者が色々と解説すると思うが、この理由は二つあるそうだ。一つは日本共産党が候補者を立てずに、アンチ自民党の票を民進党に回したことだ。一つは幸福実現党が候補者を立てて、自民党の票を取ってしまった事だ。結果として非改選議席を加えるとギリギリで自民党が過半数を得ることができず、公明党の影響力が残る事になった。

野党統一候補の擁立を言い出した共産党の効果はともかく、幸福実現党に投票した人に幸福実現党が無ければどこに投票したかは調査すべきかも知れないが、そう奇妙な前提では無いであろう。何はともあれ、幸福実現党の効果については意外であった。選挙活動をしている当人たちは気づいていたと思うが、自民党への嫌がらせとして機能している。

大学設置を認められなかった幸福の科学の報復行為だったりするのであろうか。

0 コメント:

コメントを投稿