2018年11月16日金曜日

ドイツ政治が何となく分かってくる気がする「アデナウアー — 現代ドイツを創った政治家」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

日本ではビスマルクからヒットラーまでドイツ近代史は人気なのだが*1、ネット界隈で現代史が言及される事は相対的に少ない。同じ敗戦国として日本と比較することがあるぐらいであろうか。ドイツは欧州の経済問題の元凶のように言われることは多く、現在のドイツの政治体制の原型が出来たのは時期なのだが、不人気だ。

日米安保条約がそのままでも北方領土に米軍基地を設置させない事はできる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

プーチン大統領が日米関係に揺さぶりをかけているだけな気がするのだが、北方領土の返還条件に北方領土に米軍基地を設置しないことを日米で合意することが求められているそうだ。日米安保条約は「米国が日本のどこにでも基地を置くことを求められる」ので、日米安保条約の改正がいるような話をしているメディアがある*1のだが、日米地位協定を読む限りではそんなことはない。

2018年11月10日土曜日

あるジェンダー論研究者の英語読解能力が示唆するもの

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

江口某氏が小松原織香氏の『性暴力と修復的司法』の第4章の引用元文献の原文と小松原氏の邦訳を比較して誤訳だらけだと批判している*1。簡単なものから訳せと言われたらちょっと悩みそうなものまであるので、英語のトレーニングとして何ページか目を通してみよう。私も語学力が無いので、こういうの反射的には理解できないんだよな…と小松原に同情せざるを得ないが、まぁ、よろしいとは言えない。

2018年11月8日木曜日

貨幣が語るローマ帝国史—権力と図像の千年

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

ネット界隈で貨幣の起源に関する話がたまに流れているのを見かけるのだが、追いかけるとだいたい胡散臭い。先日も「貨幣が語るローマ帝国史」に、古代ギリシャや古代ローマではインフレを防ぐために硬貨に意匠を掘ったような事が書いてあると言うツイートを見かけて確認してみたのだが、そんな事は書いていなかった。

2018年11月7日水曜日

ゲーム制作で女性キャラクターの多様化の流れがあるとまでは言えない

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

Twitterの凍結から復活を遂げたデザイナーの森次慶子氏が『欧米では「男性キャラクターは多様な体型で描かれ、女性キャラクターは常にセクシーな体型で描かれるのはおかしい。」という問題提起があり、ゲーム業界もその意見をとり入れる流れ』と主張していた。

不細工だったり、太っていたり、年老いていたりする女性キャラクターは確かに少ない。参照されていた動画では、この傾向が若く美形ではない女性が社会に不要に思わせ若者に悪影響だと主張しているので、広義する人々に確かにいるのであろう。しかし、そういう流れがあるかは、今後のタイトルを注視しないと結論は出ない。

2018年11月6日火曜日

女の子を理工系の研究者にしたい人々に、女性研究者の伝記を薦めたい

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

ここ一ヶ月間ぐらいジェンダー論を学んで来た人々が、科学に関するインタビュー記事の先生役と聞き手の性別や設定で、それを読んだ女子生徒の進路が定まるような話を展開しており、その雑な議論がネット界隈から非難を受けている。影響があるかないか分からない創作物の配役を気にするよりも、理工系の学問の楽しさや魅力などを伝える方がよほど効果がありそうなのだが、そういう発想には至らないようだ。

2018年11月5日月曜日

韓国は徴用工問題も騒ぎ立てるだけで解決を目指さない

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

強制性の無い官募集と官斡旋、徴兵と同じく強制の徴用を全部まとめて「徴用」としてしまう語義曖昧論法*1で、新日鉄住金の戦時中の朝鮮人の使用は、徴用でも強制連行でも無い気がするのだが、最高裁にあたる韓国大法院は新日鉄住金に“元徴用工”への損害賠償を命じて、事前の予定通りではあるが、日韓の軋轢がさらに高まっている。

2018年11月4日日曜日

フェミニストの小松原織香さんにも社会調査を真面目にとらえて欲しい

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

フェミニストの小松原織香氏(font-da氏)が江口某氏の「EUの女性に対する暴力の調査はすすんでるなー」への返信「[性]性暴力・DV被害の実態調査の記事の追記」を返しているのを傍目で見ていて、気になる点が幾つかあったので指摘しておきたい。統計学に関する初歩的な誤りが2つあり、小松原氏が社会調査を拒絶するために援用している仮説に脆弱さがある。

2018年11月3日土曜日

朝日新聞で紹介されたネット右翼の実態調査に関して注意すべきこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

大阪大学の辻大介氏へのインタビュー記事が朝日新聞に掲載されていて*1、ネトウヨの皆様がどういう存在なのか論じているのだが、そこの操作的定義に注意すべきことが幾つかあるので指摘しておきたい。厳しい判定基準のためにネトウヨを自認する人すら漏れる可能性があるし、65歳以上を調べていないため高齢者の動向は追いきれていない。

2018年10月31日水曜日

夫から殴られても暴力を受けたと認知しない妻の割合

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

一昨日のエントリーで、怒鳴ったり、ちゃぶ台を返したりするのではなく、夫に殴られた事を暴力だと認識できない妻は日本にはいないのでは無いかと書いたら、申告数の何倍もの数がいると言うかのような反応が返ってきたので、実際にどれぐらいいるかを確認してみた*1。いないと言うのは大袈裟だったが、申告数の1割弱~4割弱ぐらいに留まるようだ。欧州の方が日本よりも殴られた事を暴力と認識する程度が高い余地は多くない*2