2013年11月26日火曜日

貧乏人は教師に賄賂を払わないと学校に入れないのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

経済学101で『無償教育は貧乏人にとってはタダじゃない:教育における汚職と格差』と言う世銀の研究員のブログ記事の翻訳が公開されていた。開発途上国では教師が賄賂を支払わない保護者の子供の入学を拒絶するケースがあるが、金持ちはそれを免れると言う話だ。一見もっともらしく興味深いが、何か抜けた議論になっている。議論の元になっているEmran, Islam and Shilpi(2013)を拝読してみた。

1. 貧乏人の方が不正の被害にあいやすい

開発途上国で交通違反をしたときに、貧乏人は賄賂を払わないと見逃してもらえないが、政治力のある金持ちはタダで見逃してもらえる事があると言われる。小役人が金持ちに意地悪をすると、金持ちの友達の政治家にクビにされるリスクがある。妙に官憲の力が強く、ささいな違反で何ヶ月も車を没収されたままになったりするので、生活に対する影響は大きい*1。貧乏人の方が不正の被害にあいやすいと言う感覚は理解できなくもない。

2. 貧乏人は入学するのに賄賂が必要?

著者らはバングラディッシュのデータから、教師に領収書なしのお金である賄賂*2が払われており、計量分析から貧乏人ほど賄賂を払う傾向があると分析する。この結果に対して、教師は子供を入学させないと言う不正を行う事ができるが、金持ちは政治力があるので不正を行った教師が解雇される可能性が高いので不正から免れ、貧乏人はそうではないと説明を行っている。興味深い分析結果と解釈ではあるが、大事な点を確認していない。

3. 教師に意地悪されて入学が拒否される子供はいるの?

教師は子供を入学させない事ができるのか? ─ この部分の議論が非常に薄い。バングラディッシュの小学校は無償の義務教育で、政府は何とか進学率をあげようと保護者に米を配っている状態*3だ。教師は子供の入学を拒絶する権限があるようには思えないし、そんな不正をしたら進学率の調査をしている政府関係者の耳にすぐ入るように思える。教師に意地悪されて入学が拒否される子供は存在しうるのか。この点の議論がされていないのが気がかりだ。

4. 計量手法分析の結果は、別の解釈も可能に思える

計量分析の手法も不適切に思える部分がある。賄賂を払う払わないの分析を、被説明変数が二項データなのに、一般線形モデル(OLS)で推定してある。プロビット分析でも同様の結果が出たとは書いてあるのだが、ならばプロビット分析の結果を表示すべきであろう。また、賄賂の金額についての推定はOLSと操作変数法(IV法)を使っているのだが、IV法が何かおかしい事になっている。

IV法を使うということは、同時性の問題があると想定していることになる。つまり、家計所得等の説明変数が賄賂額と言う従属変数を決定すると同時に、賄賂額が家計所得等を決定する事が前提となるわけだが、そんな事は無いであろう。子供の教育が子供の所得を向上するのは理解できるが、子供の所得が家計所得を決定するのは賄賂を贈ったずっと先になる。

またIV法で、所得を天災(=10年間平均の降水量)と他の変数で回帰した結果からの予測値を、所得の代わりに使っているが、天災と言うのもひっかかる。降水量は地域ごとにしか観察されない。この方法を使うと、同一地域の金持ちも貧乏人は、同一の所得を得ていることになる。つまり、家計間の所得格差ではなく、地域間の所得格差を見ていることになる。

著者らの計量分析が示唆しているのは、(1)貧乏人ほど学校に寄付*5を行う、(2)金持ちは寄付額が大きい、(3)豊かな地域は寄付額が少ないの三点のように思える。この結果から見ると、著者らの解釈とは別に、中央政府がお金を出しているとは言え学校予算は不足しており、洪水被害などが大きい地域の方が募金に熱心で、利己的な金持ちよりも貧乏人の方が学校運営に理解があるとも思えなくも無い。

5. 現地調査を期待したい

この手の計量分析で全てを決定するのは不可能で、著者らの主張が説得力を持つためには、教師が意地悪を行えることを示すしかない。バングラディッシュでも毎年進学試験があるので、その採点に対する賄賂はありそうなのだが、もう少し現地調査などをして煮詰める必要はあるであろう。世界銀行でお金はいっぱいあるのだから、ぜひバングラディッシュに突撃取材を敢行して頂きたい。

*1"Why poor people pay more bribes than rich people"

*2バングラディッシュでは領収書を出す習慣が無いらしく、賄賂なのか寄付なのか心づけなのかは統計からは分からない模様。

*3関連記事:経済学的に児童労働を無くす一つの方法

*4アフリカの部族間抗争をやっているような地域では、教師に賄賂を払わないと教育を受けられないと言うのはありそうな話ではある。

*5これも領収書なしのお金になる。

0 コメント:

コメントを投稿