2012年9月30日日曜日

Nexus 7はモバイルルーターがあれば快適

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
Pocket

Google(正確にはASUSTeK)のタブレット端末、Nexus 7(16GB)が日本発売になった。7月に北米で発売されていたもので、2万5000円ぐらいで平行輸入していた人も多い人気商品。

家電量販店では10月2日から発売の模様で、ポイントが1%つくようだ。今はGoogle Playで購入することができる。通信事業者も8GBモデルを販売する(ケータイWATCH)。

9月25日に、勢いに任せてポチってみた。

1. 注文から到着まで

9月25日午前9時23分に発注して26日正午に配送された。GIGAZINEよりも1分早くオーダーしたのに、到着は2日以上遅い。発送で混乱があると報告があるが、その影響を受けたかもしれない。この台湾メーカーが中国で製造したAndroid端末は、シンガポールで注文を請けて、香港から発送されて、広州を経由してやってきた。最近のアジア情勢が良く分かる。

2. ハードウェア的な特徴は凡庸

リファレンス機になるのだろうが、最新のAndroid OS 4.1が動く凡庸な端末だ。ハードウェア的な詳細はITmediaなどで詳しく紹介されているが、ネットワーク回線はWi-Fiのみで、コネクタはUSBマイクロBコネクタとミニジャック、あとはBluetoothとNFCが付いている。インカメラしか無いし、決してリッチなハードウェアではない。

3. サイズと重量はバランスが良い

朝の首都圏の通勤電車で吊り革を掴みながらノートPCをひろげる私が言うのがためらわれるが、電車の中でもあまり邪魔にならないサイズだと思う。9.7インチで662gの代表的なタブレット端末iPad 3と比較すると、7インチで340gと軽量なので掴みやすいし軽い。4インチ105gのスマートフォンMEDIAS N-04Cと比較すると、重いが画面は広い。スマートフォンだとドキュメントを見るのに画面が小さすぎるし、iPadだと持ち歩くのにかさばり過ぎる。

4. ドキュメント・リーダーとして優れている

Google Playに最適化されたと謎な宣伝文句があるが、ドキュメント・リーダーとして優れているのは確かだ。Google Readerで購読しているニュースや、Dropbox、SkyDrive、Google DriveやYahoo!ボックスなどのオンラインストレージに放り込んであるPDFドキュメントを見るのに良い。Amazon Kindle端末としても良さそうだ。GALAPAGOSはまだアプリが対応していないが、そのうち対応するのであろう。ケータイよりは入力しやすいので、SNS向きでもある。動画を一人でこっそり見る場合も快適だ。

5. モバイル端末としては通信回線が問題になる

外に持ち出したい端末と言えるが、通信回線がWi-Fiしかない。3G/LTEかWiMAXを内蔵したモデルが発売される予定も無いようだ。公衆無線LANサービスを契約しても、飲食店などでしか使えない。Googleマップナビの意味が無い。移動中に使おうと思ったら、イーモバイルUQ WiMAXのモバイル・ルーターと契約するしか無い*1。ルーターを持ち歩くのが、邪魔だ。持ち歩くけど。

昼過ぎに外に持ち出す事にした。WiMAXのモバイル・ルーターAterm WM3600Rを持ち出す。PC的に設定を行えば良いが、Nexus 7からUQ WiMAXの契約をしようとしたら、名前や住所で全角カナを入力させられ泣けた。iWnnの仕様なのか、変換候補の最後に全角カナがある事に気付かず悩む。またUQ WiMAXのページは、再入力を求めるときにパスワードの欄をクリアするのは何とかならないものか。

WiMAXの通信速度とNVIDIA Tegra 3の処理速度で動作は快適だ。古いスマホと3G(W-CDMA)の組み合わせとは比較にならない。また、通信しすぎで帯域制限をされる事もない。秋のせいか日陰であれば問題は無いが、やはり日光下では視認性は良くない。また、Bluetoothヘッドホンをしつつ、徒歩ナビゲーションをしていたら、車に轢かれそうになった。

6. 充電周りに関して

付属のケーブルでは何も問題が無かったが、4口USB充電器などでガジェットをまとめて充電している人は、Nexus 7を上手く充電できないかも知れない。DC5V/2Aでカタログ上は問題が無いPL-QUCHG03では充電マークが付くものの、充電する気配が無かった。他と同時に充電していたわけでは無いのだが、もしかしたら必要な電流がギリギリ2Aで機材を選ぶ可能性がある。また、WiMAXモバイル・ルーターのWM3600Rはどこまで充電できているのかが把握しづらい。

7. Googleのブランドにあるメリット

事実上のリファレンス機になるので、アプリ開発者がターゲットにしてくる可能性が高いこと、Android OSのバージョン・アップに他の製品よりもキャッチアップしていく事が期待されることは、取らぬ狸の皮算用ではあるがポイントになる。。

8. 通信回線内蔵タブレットの方がスマートではある

普段からPCのためにモバイルルーターを持ち歩いている人ならともかく、モバイルルーターは100gぐらいあるし、充電を別に行わないといけないなど取り回しは悪い。iPadの3Gモデル*2や、GALAPAGOSのWiMAX内蔵モデル(EB-A71-GJ-B)、7インチ249gの3G/LTE端末のMEDIAS TAB UL N-08Dの方がスマートに取り扱える。

9. 総合評価

リビングで使うには過不足は無いように思える。モバイルで使うには通信回線が不足しているが、Nexus 7 + WiMAXであれば、そこそこ満足度が高い。タブレット端末の方はNexus 7で無くiPad miniでもいいし、モバイル・ルーターもWiMAXでは無くイーモバイルでも良いので、タブレット端末が成熟しつつあると言う事であろう。

*1東海道新幹線や高速バス・空港リムジンバスで使うには、公衆無線LANサービスを申し込んでおく方が良いであろう。ただし、UQ WiMAXもイーモバイルもオプションで提供している。

*2iPad 3には3G/LTEモデルがあるが、日本国内ではLTEが利用できない。

0 コメント:

コメントを投稿